ドローンが県警ヘリとニアミス(産経ニュース)【ドローンニュース】

ドローンがヘリとニアミス 石川上空、県警ヘリと水平距離で100m(産経ニュース)

石川県上空を飛行中の県警のヘリコプターと小型無人機「ドローン」がニアミス。衝突はしなかったとのこと。ドローンは必要な届け出をせずに飛行していました。

産経ニュース 記事>>
「ドローンがヘリとニアミス 石川上空、県警ヘリと水平距離で100メートル」
http://www.sankei.com/
west/news/171020/wst1710200042-n1.html

国土交通省によると、18日午前、県警ヘリの操縦士が石川県かほく市の上空約600メートルを飛行中、高度約450メートル付近を飛ぶドローンを発見。水平距離で約100メートルのニアミスでした。

同地域を所管する大阪航空局小松空港事務所に飛行許可申請の届け出はなかったとのいことです。

航空法では高度150m以上を飛行する場合は許可が必要

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

飛行ルール(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

参照:国土交通省ホームページ
「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

 

モモちゃん
450メートル上空で県警が発見\(◎o◎)/!ルールを守って飛行しなくちゃ本当に危険!!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

ドローン視点の解放感!大分県がユニークPR動画をまたまた公開

もしもライフルの弾丸に目があったらこう見える?!【マイクロドローン映像】

関連記事

  1. 奥さま大激怒!マイクロドローン練習の悲劇。【初心者の飛行練習】

    【マイクロドローン映像】奥さまをグルグルしてみた。初心者の飛行練習におすすめ!!…

  2. どうやって撮影した?ドローン視点の逆再生映像が凄い!

    世界最小HDドローン×逆再生の世界観映像スペシャリストのロバート・マッキントッシュ(Robe…

  3. ドローン飛行禁止

    公園はドローン飛行禁止なの?【初心者の練習場所探し】

    公園で自由に飛行したい!すべり台やブランコやジャングルジムをくぐったり、回ったり、ジグザグし…

  4. 【ドローン映像】マイクロドローンの視点【サーキット練習編】

    マイクロドローン レースサーキット 飛行練習手のひらサイズのドローン、マイクロドローンの…

  5. マイクロドローンの特徴

    マイクロドローンは室内向き?【機能と特徴】

    手のひらサイズのマイクロドローンの強みは?機体重量30gほどのマイクロドローンは、その名の通り、…

  6. マイクロドローン

    マイクロドローンが人気の理由は航空法?【初心者の練習場所探し】

    空高くまで空撮しながらゆっくり飛行、空からのダイナミックな景色。ドローンパイロットさん、素敵…

  7. 光り輝くマイクロドローン

    かっこいい!輝きながら飛び回るマイクロドローン映像

    マイクロドローンレース!ハンバーガーショップにご協力いただいて店内スペースの一角に設置さ…

  8. 木々を滑空するモモンガ視点でドローンが飛び回る!【映像(前編)】…

    ドローンのスピード×機動力自然の中のドローンのアクロバット飛行。機体が傾くほどの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP